Windowsでパソコンを利用する際、必須となってくるのがMicrosoft Officeのパッケージソフト。
これについているソフトはWord、Excel、PowerPoint、Outlookなどがあり、広く利用されています。

これを購入するとなると意外と高額で数万円かかり、ちょっと手が出ないという人も多いと思います。ですが、この高額なソフトを無料で利用する方法があるんです。

その方法をここではご紹介していきたいと思います。

MicrosoftOffice無料
 

 

 

 

 

 

 

パソコン購入時にWord、Excelなどが使えるMicrosoft Officeはオプション販売となり、
これを付けるか付けないかで購入を迷ってしまったことはありませんか?

 

正直、このパッケージを付けると結構高額になってしまい、パソコン購入予算内で収まらない場合があります。

 

しかし、パソコンを利用する以上Word、Excelなどはどうしても欲しいソフト。
結果、泣く泣く予算オーバーをしてMicrosoft Officeを導入するしかない。
そんな経験をした方は少なからずいらっしゃるかと思います。

 

でも、今回ご紹介するMicrosoft Officeを無料で利用出来る方法を知ってしまうと、
パソコン購入時に迷っていた事自体、いったい何んだったのか?と思うくらい簡単な事だということに気付いてしまいます。

 

ですので、これからMicrosoft Officeを導入しようと考えている方、
新しくパソコン購入をお考えの方に、費用を抑えるための無料のMicrosoft Office利用方法をご案内します。

 

MicrosoftのOffice Onlineを利用するための準備

Microsoft Officeを無料で導入するには、まずMicrosoftが提供している「Office Online」を利用しなくては行けません。

 

そんな「Office Online」利用には手順がありますので、ここで解説します。

 

Microsoft OneDriveに登録する

「Office Online」利用するに当たり、Microsoft OneDriveに登録する必要があります。
そのMicrosoft OneDriveのサイトへはコチラにアクセスしていただき登録して行きます。

 

Microsoft OneDriveのサイトへアクセスしましたら「新規登録」をクリックします。


 

以下の画面が表示されたらMicrosoftのアカウントを持っていない場合は「Microsoftアカウントを作成する」をクリックし、アカウントを持っている場合は「サインイン」をクリックして下さい。


 

アカウントの作成、もしくはサインインを行ったらMicrosoft OneDriveのサイトが立ち上がります。
これで「Office Online」を利用出来るようになります。


 

Office OnlineでMicrosoft Officeを利用する

Office OnlineでWeb上ではありますが、Microsoft Officeのソフトを自由に利用出来るようになります。

 

利用方法は簡単ですので、例としてPowerPointを使ってみたいと思います。

 

下図のようにメニューバーの「新規」をクリックし「PowerPointプレゼンテーション」を選択します。


 

使い方といってもこれだけです。
「PowerPointプレゼンテーション」を選んだだけでPowerPointが起動しますので、あとは通常どおり利用するだけです。


 

実際のPowerPointの使い方については、こういったサイトなどを利用していただければ良いかと思います。

 

まとめ

他、Word、Excelも同じ要領で使用することが出来ます。

 

私自身、自分のパソコンに入っていないPowerPointがネットビジネスを実践する上でどうしても必要でしたので、購入しようかと考えていましたところでしたが、このMicrosoft Office Onlineの存在を知ったことで余計な経費をかけずに済み、非常に有り難く活用させてもらっています。

 

冒頭でも申し上げましたがMicrosoft Officeを購入するとなると数万円かかります。
この方法を知ることでその費用をかけなくて済む。

 

Web上での利用ですが、ほとんど問題なくこのソフトは利用することが出来ますので、有料でMicrosoft Officeの導入をお考えの方は、この無料で使える方法はおすすめですので活用してみて下さい。