「下流老人」という言葉を聞いたことはないでしょうか?
これは、2105年に新語として生まれた言葉で、生活水準が低レベル化する高齢化社会の現実を危惧した言葉でもあります。

誰でも陥る危険性のある深刻な問題である下流老人にならないために、特別な能力のない凡人が老後をどう生きるのか?
凡人でも出来る現実的な老後の安定収入を確保する方法を考えてみたいと思います。

下流老人
 

 

 

 

 

 

2015年の新語・流行語大賞候補にノミネートされた「下流老人」とい新語。

今後高齢化社会が深刻化してくる中で、社会的に阻害され普通の人より著しく収入が少なく、とても貧困でみじめな生活を強いられる高齢者が増加してくる。
このような社会問題を危惧して生まれた造語が下流老人という言葉なのですが、果たしてその背景にはどのような事があるのか?少し考えてみたいと思います。


「下流老人」いう言葉生まれた背景とは?

そもそも「下流老人」という造語がクローズアップされたきっかけは、2015年6月に出版された書籍『一億総老後崩壊の衝撃』からでした

この本は、高齢者が抱える生活の問題を訴えたモノで、年金や生活保護などの保障で暮らすも貧困にあえいでいる高齢者、つまり下流老人の実態を憂いでおり、現在、生活が苦しい下流老人は全国で600~700万人もいると言われています。

 

このような下流老人状態に陥る要因は様々あるのですが、一番の原因は歳をとると収入の確保がままならないことにあります。

 

要は、若い人のように動かすカラダも考える頭も衰えた高齢者になかなか仕事がまわって来ない現実。例え「自分はまだ若い世代には負けない!」という自信があったとしても、どうしても年齢というハンデを背負ってしまいます。

 

結果、自分がこれまで培ってきた仕事のスキルを活かせる仕事に就けず無職、運よく仕事に就けたとしても、希望の職種とはかけ離れた低賃金の仕事をするしかない。
そうなると年収200万円以下のみじめな生活を強いられてしまう。こうして生まれるのが”下流老人”生活です。

 

こんな下流老人にならないためには、働けなくなるまで十分な貯蓄を確保することが一番なのですが、大半が老後の20~30年の年月を乗り切れるだけの貯蓄なんて確保出来ないと思います。


「下流老人」にならないために夢に賭けても良いのか?

何度も言いますが、みじめな下流老人にならないためには、老後も安定した収入を確保することが重要です。

 

もちろん下流老人の言葉の意味は収入だけではなく、病気や孤独といった問題なども含まれていますが、やはり、一番解決しておかなくてならないのが収入確保です。

 

ではどうやって歳をとってからも収入を確保するのか?

 

例えば、音楽を作成したり、芥川賞や直木賞をとれるような小説を書いて印税で生活出来るようになる。こんな選択肢もありますが、正直これは才能のある一部の人にしか出来ないことで、凡人が考えるのは現実的ではありません。

 

また、宝くじで10億円当てようと考えるのもナンセスな夢物語でしかありません。

 

よって、このようなことではなく、凡人でも出来るもっと現実的なことで収入を確保し、下流老人になることを回避しないといけません。

 

凡人でも出来る下流老人回避方法

凡人にとって重要なことは、現実を見つめ、どうやって歳をとってからも稼げる方法があるか?を考えることです。

 

その方法は、他人に頼らず自分1人でも収入を確保出来るスキルを身に付け環境を整えること。これが重要なことだと私は考えています。

 

そして私が老後に備えている対策はがネットビジネスの実践です。

 

何故、ネットビジネスが老後の収入確保に役立つのか?

 

ネットビジネスというと、パソコンやインターネット、またはプログラミングのスキルなどの難しい特別な知識が必要なのでは?と思ってしまったりするかも知れません。

 

実際私もこのビジネスに挑戦するまではそう考えていました。

 

しかし、そんな知識などは特別必要ありませんでした。
基本的に最初の段階では、パソコンのキーボードの文字入力が出来てインターネットはネットサーフィンなどの単純なことが出来れば良いのです。

 

もちろん実践を続けていくうちに専門的な知識は必要となって来るのですが、
正しい手法、正しい順番でネットビジネスを実践していけば、自然と専門的な知識が身につきスキルも向上して来ます。

 

そのように真面目に実践を続けていけば、ネット上に”稼ぐ仕組み”のコンテンツを創り出すことが出来るようになるのです。

 

つまり、凡人でもネット上にしっかりとコンテンツを作れれば、それは老後の収入確保にも繋がり、そのコンテンツを放置していても自動で稼いでくれるようになるのです。

 

最後に

ネットビジネスでコンテンツを作成し、自動収入を確保するとお話すると、それこそ夢物語で胡散臭く聞こえるかも知れません。

 

しかしこれは実現可能で、凡人でも出来るくらい難しくないことなのです。

 

ただ、このビジネス実践で難しことがあるとすれば、それは継続することの難しさです。

 

ネットスキルを身に付け、自動で稼げるコンテンツを作れるようになるまでは少し時間がかかります。そのため、多くの実践者は途中で諦めてしまいます。

 

結果、最後まで諦めず継続できた者のみが勝者になれる。そんな単純な仕組みもネットビジネスには隠されています。

 

私自身、50歳を手前にしてほとんどスキルのないままネットビジネスをはじめましたが、
おかげさまで現時点でも諦めずに続けていることが出来ています。

 

そして老後の生活の安定に向けてコツコツとではありますが、自動で稼げるコンテンツも創り出すことにも成功しています。

 

もしあなたが、老後に不安を持ち下流老人になりたくない!と思っていて、また既に下流老人の生活を強いられているとしても遅くはありません。

 

ネットビジネスは継続することが重要ですが、コスト(資金)がかからないことは最大の魅力です。

 

ただ、下流老人は嫌だ!と考えているでのではなく、下流老人にならないためにはどうするべきか?
最善の方法のひとつとして、ここではネットビジネスという手法をご紹介しました。