サイトに画像を貼り付ける際、HTMLタグのalt属性を使い検索エンジンに認識させることで
ネットユーザーが画像検索をした際に、自分のサイトの画像が一覧に表示されやすくなります。

参照:【画像検索されやすくする方法】

また、この方法に加え、これから解説するもうひとつの方法を実践すると
さらにアクセスを集めやすくなります。



画像検索方法
 

 

 

 

 

 

 

 

既製の画像をオリジナル画像に加工する

alt属性を使い検索エンジンに自分の画像をしっかり認識させることは大切ですが
しかし、alt属性で指定した同一名の画像が複数web上に存在する場合は
その画像が使われているサイトの検索エンジンでの評価が高いものが優先して表示されます。

つまり、長年運用して強くなったサイトや
企業などが運営しているサイトの画像が評価が高いので、そちらの方が優先されてしまいます。

例えば、画像検索で「反省犬」と検索した際に
検索結果画面上位に表示されるのは、検索エンジンで評価が高いサイト順に表示されます。

参考画像:「反省犬」検索結果上位。

反省犬
 

 

 

 

 

 

 

 

こうなると、検索する人の多くは、上位に表示されている画像に目がいってしまい
なかなか下位の画像までは見ない。そうなると画像からアクセスを集めるのは難しくなります。

そこで、少しでも画像検索上位に表示させる方法として有効なのが
既製の画像を無料の画像加工ソフトを使って加工することです。

ここでは、2つの方法をご紹介します。

 

素早く画像を加工する方法

トレンドブログなど、芸能人の画像を使う場合
あまり加工をしてしまうと逆効果になってしまいがちで、さらに時間をかけて画像を加工するより
記事に時間を費やした方が、アクセスアップに効果的です。

でも、やはり少しでもアクセスを集めたいから画像も加工したい!
そんな時は、素早く簡単に加工して、後は記事をしっかり書くようにしましょう。

そんな時、私がオススメするののが、無料のキャプチャソフトを使って
簡単にオリジナル画像を作る方法です。

その方法は、コチラで詳しく解説してあります。

参照記事:【Raptureを使って素早く画像を加工する方法】

 

少し時間はかかるけど、よりオリジナル画像に近づける方法

時間がある場合は、この方法を取ることをオススメします。

といのもの、やはりしっかり加工した方が、
より検索エンジンにオリジナル画像として認識してもらえるからです。

但し、あまりやり過ぎると、クレームなど来たりしますのでほどほどに!

その方法は、コチラで詳しく解説してあります。

参照記事:【Photoscapeを使って画像を加工する方法】

 

同一名の画像を確認する方法

同一名の画像を確認するには、
Google Cheromeの拡張機能であるFast Image Researchを利用することで確認できます。

参照記事:【Fast Image Researchの使い方】