自分でサイトに投稿する画像を作成した場合、
SEO対策のため、それに類似する画像がどれくらいあるのか?知っておく必要があります。

ただ、それを手作業で行うには大変ですし、不可能と言える場合もあります。
そんなとき便利なのが「Fast Image Research」という拡張機能。
これは、自分のサイトに掲載されてある画像が、他のサイトで使用されていないか?
調べる機能です。

ここでは、その「Fast Image Research」の使い方をご説明します。



Chrome
 

 

 

 

 

 

 

類似画像を調べる理由

多くの人が利用するインターネット。
ここでは、日々様々なコンテンツが利用されています。
その中には、知りたい情報として良く検索される画像もあります。

もちろん、画像だけを検索するのではなく、
その画像が使われているサイトにも興味を持ってもらえ、訪れてくれる可能性もあります。

それを利用すると、画像からアクセスアップも見込めるワケです。

しかし、画像の場合類似する画像がかなり存在する現状があり
せっかく、画像からアクセスを呼び込もうと思っても、類似画像が多ければ
その中に自分の画像が埋もれてしまい、アクセスも見込めなくなります。

そんなとき、「Fast Image Research」を使ってあらかじめ類似画像がどれくらいあるか?
調べておくと便利。類似画像が少ないところを絞り込むことが出来、アクセスアップに貢献してくれます。

 

Fast Image Researchの導入

「Fast Image Research」はインターネットブラウザ「Google Chrome」の拡張機能のひとつで
「Google Chrome」を使用していないと使えません。
ですので、ブラウザに「Google Chrome」を使っていない場合は導入して下さい。

「Google Chrome」のダウンロード:【Google Chrome】

Google Chromeを導入したら、次はChromeウェブストアより
Fast Image Researchを導入します。

「Fast Image Research」のダウンロード:【Chromeウェブストア】

 

Fast Image Researchの使い方

「Fast Image Research」をインストールしGoogle Chrome機能に取り込んだら

画像を検索したときに、画像にカーソルを当て、右クリックします。
すると、以下のように「Research Image」の部分が表示されるのでクリックします。

類似画像検索1
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

すると、このように類似した画像とその関連サイトの一覧が出て来ます。

類似画像検索2
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

類似画像が存在した場合の対処方法

このように、類似画像が存在した場合、評価の高いサイトが優先され
なかなか、検索上位には表示されにくいのが現状です。

このような場合は、類似画像であっても加工してしまえば
検索エンジンがオリジナル画像として認識してくれやすくなり、アクセスを呼び込むきっかけにもなります。

その方法についてはコチラをご参照下さい。

参考記事:【画像検索に表示されやすい方法を解説】

また、類似した画像が重複していた場合
後からその画像のサイトを登録したときに、不正防止のためか?
検索エンジンがインデックスしてくれない場合があるようです。
ですので、なるべく画像の重複は避けて、オリジナル画像で登録するようにしましょう。