インターネットビジネスをより確実に実践するには
独自のドメインを取得して行うのをオススメします。

ここでは、そのドメインの意味と種類について、
そして取得方法までを詳しく解説して行きます。



ドメイン
 

 

 

 

 

 

 

ドメインって何?

そもそもインターネット初心者の方はドメインとは何かがわからないかも知れません。
ドメインの意味をもう少し噛み砕いて説明すると
インターネット上で運営されているWEBサイトの場所を示す住所のようなもの。

具体的には、このサイトの住所で説明すると
http://mantanlife.comのmantanlife.comの部分がドメインということになります。

 

独自ドメインとは?

通常ドメインを取得する場合は、自分で任意に設定出来る独自ドメインを利用します。

mantanlife.comのように、自分で.comの前の文字列は自分が好きなものを設定出来ます。
これを独自ドメインと呼んでいます。
また、独自ドメインは必ず1つしか存在しません。
なので、いくら自分が好きな文字列で設定すたくても、
既に取得されていた場合は使うことが出来ません。

 

独自ドメインの種類

ドメインには必ず「.com」といった部分が最後に付きます。
これをトップレベルドメインと言い、個人的に良く用いられるトップレベルドメインは
「.com」や「.jp」「.biz」「.net」「.info」などがあります。

これらは、そのサイトの目的別に分けられ、
その目的にあったサイトがネット上で優位に立つ傾向があります。

トップレベルドメインの種類及び意味についてはコチラを参照下さい。

参照:「トップレベルドメイン」


 

また、既にmantanlife.comのようにメインのmantanlifeのドメイン部分が決まっていて、
そのドメインの左型に任意の文字列をつけてつくるドメインを「サブドメイン」と呼びます。
(例:http://japan.mantanlife.com)

さらに、メインドメインの後ろに「/」で区切って文字列いれてつくるドメインを
「サブディレクトリ方式のドメイン」と呼びます。
(例:http://mantanlife.com/japan/)

 

ドメインを取得する方法

ドメインを取得する方法はいくつかあり、レンタルサーバーから取得する方法や
ドメインを販売しているドメイン取得業者から購入する場合があります。

また、取得の場合はいずれも有料になり、レンタルサーバーなどから取得するとちょっと高額にある傾向もあり、そうなると、やはりオススメはドメイン取得業者から購入した方が良いでしょう。

 

簡単なドメイン取得の流れ説明

ドメインを取得する場合、以下のような流れになっています。

1.レンタルサーバーを借りる。

2.レンタルサーバーもしくはドメイン取得業者からドメインを取得する。

3.取得したドメインをレンタルサーバーに設置する。

以上の流れで、インターネット上に独自のドメインという住所を設けることが出来ます。

 

具体的なドメイン取得方法

まずは、有料となるドメインの値段はいくらくらいなのか?
新規でドメインを取得する場合
レンタルサーバーで取得する場合は、相場で年間2,000円~5,000円かかります。

しかし、ドメイン取得業者からだと、年間1,000円前後が相場。
これだけ値段が違うので、ドメインの品質に違いがあるのか?と思いますが
決してそのようなことは無く、違いと言えば設置するのが面倒か?そうでないか?の違いだけです。

ですので、私がオススメするのはちょっと設置が面倒ですが
安価なドメイン取得業者から購入する方が良いか?と思います。

でも、ここでは多少高くても楽な方がイイという方のために
レンタルサーバーでのドメイン取得方法と、
安価なドメイン取得業者からの方法の2つをご説明します。

 

レンタルサーバーからのドメイン取得方法

多くのネットビジネス実践者が利用していて、
私も使っていて安心してオススメ出来るレンタルサーバーは「Xserver」(エックスサーバー)です。

ここでは、エックスサーバーでのドメイン取得方法の解説をします。
詳しくはコチラを参照して下さい。

参照:【「Xserver」での独自ドメイン取得方法及びWordPress自動インストール方法】

 

ドメイン取得業者からのドメイン取得方法

経費を安く済ませたい方は、国内で圧倒的需要の高い「ムームードメイン」をオススメします。

そんなムームードメインの利用方法はコチラをご覧下さい。

参照:【ムームードメインでの独自ドメイン取得方法】

 

中古ドメインと日本語ドメイン

ここまで、新規で取得する通常の独自ドメインについてお話しましたが
ドメインには他にも”中古ドメイン”と”日本語ドメイン”というものがあります。

 

中古ドメインとは?

中古ドメインとは?
その名のとおり、既に過去に誰かに運用されていた”中古”のドメインのことです。

コチラの具体的解説と取得方法については、コチラをご覧下さい。

参照:【中古ドメインの取得方法】

 

日本語ドメインとは?

日本語ドメインとは?
ドメイン名を日本語で付けたもの。

取得方法については、コチラのサイトを利用します。

参照:【日本語JPドメイン名のPunycode変換・逆変換】

ちなみに、日本語ドメインを取得する場合は「.jp」を利用するのが最も良いとされます。

 

 

以上、中古及び日本語ドメインを取得した場合もサーバーに設置すれば使えるようになります。

 

どのドメインを使えば良いのか?

ここまで、独自の新規ドメインと中古ドメイン、日本語ドメインの解説をして来ましたが
結局のところ、どれを使ったら良いのか?わからないかも知れません。

そこで、どれを使えば良いのか?それぞれの特性に合った使い方を説明します。

参照:【ドメインの特性比較。どのドメインを使えば良いのか?】