独自ドメインを取得したら、サーバーに設置しなくてはなりません。
そのサーバーも数多く存在しますが、信頼性が高く最も広く使われているのが「Xserver(エックスサーバー)」です。
もちろん、私もエックスサーバーを使っており、その性能に満足していますので是非オススメします。

ここでは、自分で取得した独自ドメインをエックスサーバーに設置する方法を解説します。


エックスサーバー
 

 

 

 

 

 

まず、ここの記事に来る前に必要になってくる作業は以下のとおりとなっていますので
こちらの作業を行ってから、独自ドメインのエックスサーバー設置をご覧下さい。

参照記事1:「Xserver(エックスサーバー)の契約方法」

参照記事2:「独自ドメインの取得方法」

 

取得した独自ドメインをエックスサーバーに設置する方法

まず契約を済ませたエックスサーバーのサイトを開き
インフォパネルにログインします。⇒「Xserverのインフォパネル」

 

インフォパネルから、サーバーパネルに「ログイン」します。

エックスサーバーA
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サーバーパネルを開いたら下図の赤枠「ドメイン設定」をクリックします。

エックスサーバーB
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

下図のように該当のドメインを選び「選択する」をクリックします。

エックスサーバーC
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

続いてを「プログラムのインストール」をクリックします。

エックスサーバーC
 

 

 

 

 

 

ここで、取得してある独自ドメインを入力し
入力内容が間違っていないか?しっかり確認したら「ドメインの追加(確認)」をクリックします。

エックスサーバーD
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

以上で、エックスサーバーに独自ドメインを設定する方法は完了です。

 

エックスサーバーにWordPressをインストールする

ブログソフトにWordPressを使用する場合は
エックスサーバーのサーバーパネルからインストールを行って下さい。

その方法はコチラを参照下さい。⇒「エックスサーバーにWordPressをインストールする方法」